跳到主要內容

最新情報

澎湖管理処が年末記者会見で持続可能な澎湖の四季の旅をアピール!
111-01-07 資訊組 480
交通部観光局澎湖国家風景区管理処は今月(1月)7日に2021年度年末記者会見を開催し、昨年の観光マーケティング事業の成果を発表するとともに、今年の主な事業内容について説明しました。

2021年を振り返ると、澎湖管理処は新型コロナウイルス感染症の拡大による影響を受けながらも、積極的に澎湖観光の推進活動を行い、2021年101Kホッピングバイク―自分自身にチャレンジするオンラインサイクリングイベント・風を追うサイクリング成人式イベント・2021澎湖林投で地引網漁を満喫・観光体験ライトアップビレッジ―澎湖の秋冬の旅のコンセプト別コースPRなど、人々が感染防止対策をしながら澎湖県内の豊かな自然の風景や文化を楽しめる様々なイベントを開催してきました。また澎湖管理処は澎湖の秋冬の観光を盛り上げるため、振興5倍券や国旅券などの交付に合わせた「国内旅行振興・澎湖トラベルキャンペーン」(振興国旅好澎遊)を実施し、2,200個以上の記念品や5,300枚以上の福引券を配布して澎湖県にニュー台湾ドル530万元相当の観光経済効果をもたらしました。キャンペーンは2022年3月31日までとなっています。皆様どうぞこの機会をお見逃しのないようご注意ください。また、許処長は振興券による効果と利益をさらに拡大するために、教育部体育署から発行された抽選で当たるスポーツギフト券「動滋券」について触れ、現在すでに澎湖県内の16の業者が参加しているため、当選者は忘れずに動滋券公式サイト(https://500.gov.tw)で券を受け取り、利用期限の2022年6月30日までに買い物に役立てるよう促すとともに、澎湖県内のスポーツ関連業者らに対し、積極的に動滋券公式サイトにて協力店舗参加申請手続きを行い、一緒に澎湖の観光経済を盛り上げてほしいと呼びかけました。
 
そのほか、旅行客の皆様により上質なレクリエーション環境を提供するため、澎湖管理処は2021年度に澎湖ビジターセンター展示館の改装工事や北寮レクリエーションエリアのサービス施設、池西柱状玄武岩エリアの施設改善、白沙サイクリングロード施設の改善および各レクリエーションスポットの浮き桟橋改修工事などを完成させました。今年度はさらに七美ビジターセンターの新設、大菓葉の売店および公衆トイレの新設、七美𩵺鯉湾珊瑚海レクリエーションエリアの工事などを行い、引き続き施設の品質の向上や新観光スポットの創出に取り組んでいく計画です。

今年度は観光マーケティング事業において澎湖が内包する豊かな観光資源の持続可能な経営の基礎を固めるとともに、新たな顧客層を開拓して澎湖の旅行をより深く印象付けていく計画です。また澎湖管理処は澎湖の四季の旅を強力に推し進め、春のアジサシ観賞・夏の石滬・秋の奇岩・冬の古跡めぐりといった4つのコンセプトに分け、皆様に澎湖の四季折々の表情をよりディープに楽しんでいただきます。その一方で、サイクリングリードアウトイベント・2022澎湖風を追うミュージックフェスティバル・2022澎湖サイクリングフェスティバル・101Kホッピングバイクイベント・2022澎湖国際夜光凧揚げフェスティバル・2022菊島澎湖海峡横断マラソンなど毎年恒例となっているテーマ観光イベントも引き続き開催してまいります。メインである澎湖の観光資源とそれを引き立てるイベント、その両方を統合して最大限の楽しさを創出し、澎湖管理処は季節ごとに8週間連続で金曜日または土曜日出発の見どころ巡り日帰りコースを開催するほか、旅行会社のお勧め3日観光コースの紹介や、メディアやSNS上での宣伝・広告活動、異業種とのコラボによるPR活動も行ってマーケティング効果の最大化を図ります。
 
また、澎湖管理処は2030台湾観光政策白書の政策を段階を追って着実に実践していくため、今年度は観光エリア推進計画および澎湖デジタルメディア音声スマートガイド構築普及計画を実施し、地元の団体や産業パートナーを統合させて観光産業連盟を組織し、テーマブランド観光商品を決定するなどして観光産業と旅行関連商品のクオリティを向上させ、スマートガイドを導入して旅行客の皆様に地元観光スポットの自然や文化的特色に関するさらにディープな知識をご提供します。
最後に許処長は、澎湖管理処は今後も引き続きサービスの最適化・持続可能な観光・旅行の安全・環境保全・地元の特色の発展と国際マーケティングの上での努力を続け、コロナ禍が終息した暁には再び澎湖観光の賑わいを取り戻すとともに、世界に向かってますます広く澎湖の美を知らしめていきたいとの思いを強調しました。