跳到主要內容

澎湖ツアー

中央街

13760 更新日|最終更新日:2017-09-07
観光地情報
状態
開放中
史跡種類別
非古蹟
営業時間
火曜日 24時間営業
  • 日曜日 24時間営業
  • 月曜日 24時間営業
  • 火曜日 24時間営業
  • 水曜日 24時間営業
  • 木曜日 24時間営業
  • 金曜日 24時間営業
  • 土曜日 24時間営業
電話
(886)6-9216521
住所
澎湖県馬公市澎湖県馬公市中央街
中央街はかつて「街内」、「下街」と呼ばれていました。ここは澎湖で最初に形成された商業エリアで、十数あまりの路地が交錯しています。現在、街内には明朝、清朝時代の町並みが再現されており、古蹟も数多く残っており、有名な「施公祠」や「萬軍井」、そして清朝光緒元年に建立された「水仙宮」などがあります。「台廈郊(台湾・アモイ間の海運貿易商業組織)」商会もここに設立され、最初は天后宮に会館が設けられていましたが、後に水仙宮へ移りました。

中央街のほとんどの建築は長屋スタイルで、家屋は商業スペースと居住スペースに分かれています。狭い路地裏は風情溢れ、神秘的な雰囲気が漂っています。路地の中には一人しか通行できない幅2メートルの狭い路地もあり、絶好の観光スポットとなっています。

日本統治時代、中央街は商業の中心地でした。主に栄ていたエリアは「七街一市」と呼ばる7つの通り(大井頭街、倉前街、右営横街、右営直街、渡頭街、海辺街、左営街)と魚野菜市場で、活気に溢れ、かなりの規模を誇っていました。戦後、馬公市は区画整備され、商業エリアは徐々に拡大していき、貿易エリアは次第に分散していきました。
都市開発計画により中央街は区画整理の対象になりましたが、1991年に政府や学者たちの協力により保護修復の対象となりました。1993年にはさらに一歩進んだ、「中央街文化風貌特定都市計画の開発、中央街専用エリア」が計画され、中央街の住民たちに「昔の家屋を修復すること」が奨励されました。こうして澎湖最初の商業街は昔のままの姿を今に留めています。
アクセス情報
23°33'53.53200"N 119°33'53.53200"E
付近のスポット
Top