跳到主要內容

澎湖ツアー

小門菜宅

2021 更新日|最終更新日:2023-10-30
小門嶼の歩道を進むと、道沿いに澎湖の特色である魔よけの石敢当という石塔が見えるほか、「菜宅」、あるいは「宅内」、もしくは「囲仔」と呼ばれる澎湖群島特有の農業文化の景観を目にすることができます。これは、石壁を風除けにして、田畑の農作物を守る農耕方法で、大多数の「菜」はサンゴ岩を積み上げて造られていますが、ごく一部の水源に恵まれた場所では、ダンチクと呼ばれる植物で風除けを作っています。

菜宅の建築にあたっては、玄武岩とサンゴ岩を干した後、ゴミなどを取り去り、積み上げるときは大き目の石を基礎にして、小石でその間を塞いで積み上げてゆきます。セメントや石灰などを使わず、石と石の間には稜角という植物の実をかませることで、安定した石壁をつくることができます。この建築方式は見た目はゴツゴツしていますが、強い北東の季節風を遮ることができます。

菜宅で栽培されるものは、春と夏はカボチャやウリ、豆類が中心で、秋と冬にはキャベツやトマト、レタスなどの葉もの野菜が多くなります。菜宅ではこのほかに、地元で「栽母」とも呼ばれているイモも栽培されます。菜宅の栽培技術は、長年の蓄積が必要で、材料の確保も容易でないことから、伝統的な技術が次第に失われようとしており、今日では別の材料を使って、菜宅を作る動きも見られます。
アクセス情報
23°38'54.88800"N 119°31'10.59600"E
観光地情報
状態
開放中
史跡種類別
非古蹟
営業時間
金曜日 24時間営業
  • 日曜日 24時間営業
  • 月曜日 24時間営業
  • 火曜日 24時間営業
  • 水曜日 24時間営業
  • 木曜日 24時間営業
  • 金曜日 24時間営業
  • 土曜日 24時間営業
電話
(886)6-9216521
住所
澎湖県西嶼郷小門嶼
Top