跳到主要內容

Dining

ガジュマルの老木

34264 更新日|最終更新日:2023-02-01
通樑村の保安宮前に樹齢300年を越えるガジュマルの老木があります。このガジュマルは澎湖で最も古く、合計95の気根からなっており、神木とされてい、ます。ガジュマルの樹の陰はちょうど廟の前にあり、参拝者に涼んで休める場所を提供しています。合計95もの気根からなっているこのガジュマルの木、じっくりと観察しなければ、これらの根や幹が同じ一本の木から伸びているとは想像できないでしょう。

ガジュマルの樹齢は、今のところ確かな答えは出ていません。伝説によると、清朝の康煕年間に一艘の商船が通樑付近の海域を通過したところ、不幸にも海難事故に遭い、その後、海上に浮かんでいた一株の苗木を通樑村の村人が拾い上げ、廟の前に植えたのがこのガジュマルだと言われています。これから推算すると、ガジュマルの老木は300歳以上の高齢となります。

またこのガジュマルは樹齢200年程度だとする説も有ります。人々は廟が落成すると、樹木を植える習慣があり、保安宮は約200年前に建立されたということから、伝説より100歳ほど若いのではないかと推測されています。いずれの説が正しいにせよ、ガジュマルが織りなす奇観は独特で、人を魅了する力があることに変わりはありません。
アクセス情報
23°39'24.44400"N 119°33'25.95600"E
観光地情報
状態
開放中
史跡種類別
非古蹟
営業時間
金曜日 24時間営業
  • 日曜日 24時間営業
  • 月曜日 24時間営業
  • 火曜日 24時間営業
  • 水曜日 24時間営業
  • 木曜日 24時間営業
  • 金曜日 24時間営業
  • 土曜日 24時間営業
電話
(886)6-9216521
住所
澎湖県白沙鄉澎湖県白沙鄉通樑村149号
Top