跳到主要內容

最新情報

「ジュラ紀と新世紀」—「小門地質探索館」バージョン2.0盛大に開幕
110-01-29 資訊組 127
澎湖旅行の新しいランドマークや観光スポットの創造を目的に、澎湖県西嶼郷の人文、風景、観光等の様々な資源を強化します。澎湖国家風景区管理処による小門レクリエーションエリアの再開発計画でリニューアルが完了した「小門地質探索館」が1月29日に盛大にオープンし、100名近くの各界の貴賓と地元の人々が除幕式に参加しました。また、簡素かつ厳かな式典の後には館内のガイド付きイベントが行われました。小門嶼の自然の中で進化する生命のダイナミズム、人文の感動及び芸術・テクノロジーの魅力、そして地域再生の喜びを参加者全員で見届けました。
 
澎湖跨海大橋で結ばれた白沙と西嶼の両島は澎湖島で最も長く、最も豊富な観光ルートです。西嶼郷(漁翁島)は豊かな文化古跡、田園風景、伝統集落、古城塹壕のほか、自然風景、生態系、特色産業など多くの素晴らしい資源があります。西嶼郷の北に位置する小門嶼は「吼える門の珠」という名で知られるほか、地質や地形が非常にバラエティに富み、中でも北岸の海蝕洞を形成する鯨魚洞は最も有名で、澎湖の生きた地質学教室とも称されています。さらに澎湖管理処が2001年4月に計画し完成させた「小門地質館」との相乗効果で、現在では観光客の休息、地質探究、人文探訪、環境教育、SNS映えなどの人気スポットとなっています。
 
「小門地質館」は2010年11月に展示内容を更新しましたが、すでに一部のハードウェア(設備)で耐用年数が過ぎ、内部の展示やサービス機能の面で昨今の使用ニーズに対応できませんでした。そこで館内のガイドハードウェアスペースと観光情報、既存の室内機能の合理性と快適性を強化するため、「小門地質探索館」バージョン2.0へとリニューアルを開始しました。小門嶼レクリエーションの意義と深みを充実させ、またレジャー観光のトレンドに合わせたスタイリッシュな雰囲気を加え、エリア観光の価値を高めるほか、発展式観光イメージを打ち出し、小門嶼を澎湖の代表から台湾の代表または国際的な景勝地へと飛躍させることを目指します。そして美しい景色や探索でさらに多くの観光客を誘致し、観光による永続的な共生及び地域経済の成長といった目標の達成を期待します。
 
「小門地質探索館」は国際的に有名な芸術家でグラミー賞の審査員を務める蕭青陽氏が手掛け、博物館の新たな観衆、新しいビジョンの概念と方向性で、大衆化と教育、娯楽、啓発機能を兼ね備え、ハイライト式の観光資源を導入します。これは2億年前の地球のジュラ紀の動植物の生態系および海から陸への地質学的進化を、最も目を引く方法で再現するデザインプランとなっています。館内はサービスエリア、玄武岩風景エリア、深海体験エリア、恐竜の卵の孵化エリア、360度パノラマ投影エリア、古代生物探検エリア、地質科学展示エリア、恐竜模型エリアなどから構成されています。冒険心がくすぐられる玄武岩の洞窟、海底火山噴火の溶岩の特殊効果、堆積岩に残る動植物の化石の表現、生き生きと動く恐竜の模型など、探索、冒険、地質、考古及び実際に触れて体験できる空間を作り出し、興味深く娯楽性に富んだ手法で地質学的知識を来館者に伝えます。さらに地元の豊かな自然風景、海洋生活文化とランドアートの融合などで、より整合的、科学的、知識的、教育的、親近的、独自的及び大きな価値を備えます。小門嶼の自然の中で進化する生命のダイナミズム、人文の感動、芸術・テクノロジーの魅力により多くの人々が地球科学や生態環境を理解し、私たちの生活するこの土地をもっと好きになってもらいたいと願います。
 
除幕式の後、澎湖管理処の許宗民処長と蕭青陽氏が自ら来賓を引率して館内を回りました。細やかな解説と展示の紹介を通して、参加者たちは斬新な視覚体験ができ、驚きの声をあげていました。また、来館の際は長く滞在することをお勧めしました。館内展示の地質学的進化とテクノロジーの高度な融合を鑑賞、体験できるだけでなく、屋外に広がる神秘的な地形や文化的風景がより一層大地の動きと自然融合のダイナミズムを感じさせてくれます。ここは誰もが初めて澎湖を知り、そして探索するのに適した場所です。この土地と人文が紡いだ悠久の記憶を一緒に体験しましょう。
 
小門地質探索館は即日より4月15日までプレオープンいたします。より快適に見学いただけますよう、以下の通りに入館制限を実施いたします。また、団体の場合は事前に小門地質探索館までご予約ください。
開放は1日14回、毎回50名まで入館可能。営業時間は8:30から12:00及び13:00から16:30までで、見学時間は毎回30分(計14回)。
Top