跳到主要內容

最新情報

『澎湖・夢の群島』が米国2020 Muse Design Awardsで最高栄誉のプラチナ賞を受賞
109-05-10 資訊組 429
2020年の米国Muse Creative Awardsの受賞結果がこのほど発表されました。同賞には50以上の国と地域から15,000件あまりの作品応募があり、130名以上の著名な国際審査員による審査の結果、澎湖国家風景区管理処(以下「澎湖管理処」)が企画・制作した短編宣伝動画『澎湖・夢の群島』が頭角を現し、米国2020 Muse Design Awardsの動画・旅行部門で最高栄誉のプラチナ賞を獲得し、世界に名声を馳せました。
 
長い歴史を有する米国International Awards Associates(IAA)主催のMUSE Design Awardsは、世界のクリエイティブデザイン分野で最も影響力のある国際的な賞の一つです。同賞には9つの部門が設けられており、世界からデザインのミューズを発掘することを趣旨に、建築・インテリア・ファッション・広告などの分野で輝ける総合的な舞台を提供しています。また、厳しい採点基準が設けられていることから、この誉れ高い賞に選出されることで自身の実績を証明し、高い露出度によって国際的な宣伝効果を上げようと、毎年著名な国際ブランドやデザイナーがこぞって応募しています。
 
澎湖管理処の許宗民処長は、「動画は地域を越えたマーケティングに最適な道具であり、今回の応募作品は国際マーケティング思考と旅行者の視点から、澎湖の島の風情、自然の景観、知的な文化、地元の厚い人情などを表現することにより、海外の旅行者にそれらを間接的に伝え、さらに世界に向かって広めることで、より多くの国際観光客を澎湖観光の旅に呼び寄せたい」と期待を述べています。
 
『澎湖・夢の群島』は台北の幸運之丘国際広告チームが澎湖県のために制作した観光音楽動画です。チェコ出身の監督、Karel Picha氏が見つけた澎湖ならでは自然の地形や人文の風景が、少女のファンタジックな想像によって、詩的な音楽を背景に、澎湖の秘境めぐりへと私たちを誘います。動画には、鯨魚洞、池西岩瀑、モーセの海割り、二崁集落、硓咕石、天后宮、東嶼坪、吉貝島、内垵ビーチなどの著名な絶景ポイントが登場するほか、有名な花火フェスティバルも物語構成のハイライトになっています。
 
同チームはさらに、ポーランド出身の作曲家Krzysztof Zimmermann氏を特別に招き、澎湖の音風景が感じられる、詩的でかつ自然の壮麗さを表現できる感動的なメロディーの制作を依頼しています。特筆すべきは、澎湖現地でのキャスティングで抜擢された13歳の女優、葉雅君さん。離島の将軍嶼で育った葉さんは、10歳でダイバーの免許を取得しているため、海中での美しいシーンをも見事にこなしています。ヒロインが身につけている服装は、台湾のデザイナーズブランド “And by tan&luciana” が提供したもので、アーストーンのデザインと自然景観がピュアで目を引く視覚効果を生み出しており、まさに様々な芸術を集結して制作された音楽動画と言えます。
Top