跳到主要內容

最新情報

2022澎湖の四季の旅新春第一弾 澎湖の元宵節と冬の旅イベント
111-02-08 資訊組 231
澎湖国家風景区管理処が「2022澎湖の四季の旅」新春第一弾-澎湖の元宵節と冬の旅イベントを開催します。様々な業界を結び付けた「乞亀専用車」の旅を提供、「古を巡る冬の身軽な旅」と題した一連の企画を用意しました。古き良きスポットを巡る一味違った冬の旅をぜひともご体験ください。

この度のイベント広報記者発表会は2月8日午後2時に澎湖観光産業普及推進センターの丑丑館2階で開催され、澎湖管理処の許宗民所長が司会を務め、立法委員の呉怡玎氏、服務処の黄同成主任、澎湖県議会の陳双全副議長、澎湖県政府文化局の洪棟霖局長、澎湖県政府旅行処の劉美凡副処長、馬公市役所の葉竹林市長、馬公市民代表会の黄旭輝代表、澎湖気象観測所の張欽雄主任、龍門安良廟の洪瑞達村長、澎湖紫微宮の翁啓鏡主任委員、南甲海霊殿の陳明華主任委員、その他観光産業や航空会社の代表者など数多くの来賓が会場に訪れました。記者発表会のオープニングには特別に明円幼稚園の子どもたちが招かれ、パフォーマンスが行われました。パフォーマンスは2つの部分に分かれており、第1部では旧正月を祝うダンスを披露し、第2部では蒙面女郎・スルメイカの天日干し・干し魚・澎湖ならではのB級グルメや乞亀祭りなど、澎湖の人々の文化や暮らしの特色を紹介しました。そして、今回の記者発表会のメインテーマ、澎湖の廟の元宵乞亀祭りと「古を巡る冬の身軽な旅」の魅力的な内容についての紹介が行われました。

まず初めにスタートするのは「古を巡る冬の身軽な旅」で、期間は2月11日から3月13日の1か月間です。南環線「風櫃聴涛と廟の身軽な旅」、北環線「夢の秘境フォトジェニックスポットの身軽な旅」、湖西線「農漁村体験の身軽な旅」といった魅力満載の3つのコースが用意されており、実施日はそれぞれ南環線が2月11日・2月18日・2月25日・3月4日・3月11日(毎週金曜日)出発、北環線が2月12日・2月19日・2月26日・3月5日・3月12日(毎週土曜日)出発、湖西線が2月13日・2月20日・2月27日・3月6日・3月13日(毎週日曜日)出発で、合計15回開催される予定となっています。旅行客の皆様にぜひとも実際の体験を通して澎湖の軍式史跡や五営、石敢当、石塔や廟文化の知識と理解をいっそう深めていただき、澎湖の旅行と観光をますます盛り立てていきたいと心から願っています。

そして今回旅行客の皆様を特色ある廟へとご案内する「元宵乞亀専用車」は、2月15日に正式にスタート。「湖西+南環線」と「北環線」の専用車があり、湖西+南環線は2月15日から18日、北環線は2月15日から20日に、皆様を乗せて一緒に澎湖で新年の幸福を祈り、楽しい元宵節のひと時を過ごします。

澎湖管理処の許宗民所長の説明によると、元宵節をさらに楽しいものにするため、2月14日から20日の間、澎湖空港ビジターインフォメーションセンターのカウンターで簡単なミニゲームをすると素敵なプレゼントがもらえるイベントが特別に開催されます。「チェックインしてプチギフトをゲット」では、菊島歓楽遊-澎湖国家風景区のFacebookページで「いいね!」を押してチェックインした方に、もれなく素敵な絵はがき1枚が贈られます。そして「なぞなぞゲーム」では皆様にくじを引いていただき、くじに書かれている問題に正解すると、さらに「ルーレットゲーム」に参加して絵はがきや防水加工バッグ、コップ用バッグやバンダナなどの景品をゲットすることができます。また、楽しい「乞亀博杯」ゲームでは、ポエ占い用のポエを投げて3回連続で上向きと下向きが出ると、肪片亀という亀の形をした餅菓子が1つもらえます。さらに身分証を提示して「スタンプラリー」用のスタンプカードを1枚もらい、指定の廟に行ってスタンプを5つ集めた後、カードを澎湖空港ビジターインフォメーションセンターに持って行くと、「アオウミガメマスコット」1つおよび「福引券」1枚と交換することができます。アオウミガメマスコットは700匹(1日限定100匹)ご用意しており、なくなり次第終了となります。一連のイベントがすべて終了した後、2月25日にはバラエティ豊かな景品が用意されている福引抽選会があり、当選者は澎湖管理処の公式サイトおよびFacebookページにて発表されます。皆様ぜひとも奮ってご参加ください。

感染症対策のため、外出時は常にマスクを着用するとともに、ご自身の健康状態によく注意し、こまめな手洗いを心掛けてくださいますようお願いします。発熱や風邪などの症状がある方はご自宅でご療養ください。当イベントは最新の感染症対策既定に従って柔軟に対応し調整が行われます。イベントにご参加の皆様には健康声明書にご記入いただく必要がありますので、ご協力をお願いいたします。また、当処は疫情指揮センターが発表する感染症対策の要求に応じ、状況によってはイベントを中止して、別途公式のお知らせをさせていただく場合がありますので、予めご了承ください。
Top