跳到主要內容

最新情報

澎湖旅行の多彩な楽しみ方!10本のテーマ型特色観光ルートと、地元コミュニティと企画の異色のディープな旅で、澎湖をトレンディに満喫!
111-05-11 資訊組 205
交通部観光局澎湖国家風景区管理処(以下「澎湖管理処」)は、地元コミュニティの産業推進と澎湖全体の観光発展を盛り上げるべく、各観光エリアのレジャーサービスの質を高め、ブランド化に向けた取り組みを進めてきました。将来を見据えた観光建設計画による魅力的な観光スポットづくりと、澎湖の観光インフラ改善を行ってきたほか、澎湖の魅力を深く掘り下げられる拠点の発展と、澎湖の黄金海岸を推進する観光ブランド「ウェーブ澎湖」(潮澎遊Wave Penghu)の構築にも取り組んできました。本日10日に行われた澎湖黄金海岸観光ルートに関する記者会見には、交通部民用航空局馬公空港の邱永昇主任、交通部公路総局高雄区監理所澎湖監理ステーションの王文強ステーション長、交通部中央気象局澎湖気象ステーションの張欽雄主任、澎湖県政府の盧春田秘書長、澎湖県政府旅遊処の劉美凡副処長、国立澎湖科技大学の黄有評学長、および各観光産業界の来賓が共同で出席。会見では、小門クジラ洞(鯨魚洞)地質公園、北寮奎壁山地質公園、七美𩵺鯉湾レジャーエリア、東海レジャーエリア、林投ビーチ、隘門ビーチ、山水ビーチの7大観光エリアを結ぶテーマ型の新感覚の旅行体験づくりと、今年後半に予定されている多彩なイベントを通して、ひと味違った澎湖の魅力を体験してほしいと意気込みが語られました。

澎湖管理処の許宗民処長によると、今回は旅行を通して外国の視点から台湾の美しさを探索するYouTubeチャンネル、「旅遊真台湾」のパトリックさんとレナさん、および特別ゲストでタレントのアニーさんを招き、上質なデザインで整備された七美𩵺鯉湾珊瑚海親水レジャーエリアと、モーゼの海割りが見られる北寮奎壁山の壮大な風景をひと足先に皆さんに紹介。また、公視チャンネルのドラマ、「妖怪人間」に出演経験のあるさわやか系美少女の鮑思伃さんは、海と空が一色に溶け合う山水ビーチを訪ね、黄金海岸の定番観光ルートを体験しました。一同は本日さらに、林投ビーチで開催された伝統の「牽罟」(地引網漁)イベントに参加し、澎湖に深く触れる旅を楽しみました。「牽罟」とは、漁船で網を沖合い500メートル先まで引っ張ってから、海岸の漁師たちが特殊な引っ掛けロープで力を合わせて網を引き上げるという、かつて澎湖沿岸で盛んに行われていた漁法で、今も一部の地域では冬場にこの方法で漁が行われているといいます。澎湖管理処は、人気スポットや水遊びを楽しむ観光ルートに、こうした伝統的な体験アクティビティを取り入れることで、澎湖の伝統漁法と漁村生活と持続可能な海洋生態系の関係を、一般の方々に楽しみながら知ってもらうと同時に、地元コミュニティに発展の機会を創出し、観光客にもより多様な澎湖の楽しみ方を提供したいと期待を寄せました。

澎湖の黄金海岸観光ルート「ウェーブ澎湖」では、澎湖の地元コミュニティに密着した、計3つの参加型ワークショップを開催。また、各方面の資源を統合することで、地質、ビーチ群、水上アクティビティ、自転車、地域文化、文創産業、ご当地農産品といった地方の特色を盛り込んだ、斬新な帯状の観光ルートと独特な旅行商品を造成し、「ウェーブ澎湖」をテーマとする10本の特色観光ルートを企画しています。四季を通じて澎湖を深く楽しんでもらおうと、春は各島々でアジサシ観賞、夏は石滬めぐりと星観察、秋は奇岩の風景、冬は古を訪ねる軽装旅行と、澎湖の四季を網羅した4つのルートと、黄金海岸を訪ねる6つのルートと合わせて、計10本のテーマ型観光ルートを提案しています。こうした楽しい観光ルート以外にも、2022年8月から11月にかけては、林投社区発展協会による林投ビーチでの「牽罟」イベント、中華民国運動レジャー推進協会による嵵裡ビーチでのウィンドサーフィンイベント、成功社区発展協会によるすくい網漁体験「成功鱟黒P」と、地元に密着した3つの体験イベントも予定されています。さらに、異業種連携型のマーケティングにより、様々なコラボ商品も販売。掌門クラフトビールは「ウェーブ澎湖」の限定缶、台湾オリジナルデザインブランドのBONEは携帯用扇風機を発売のほか、澎湖地元の萬泰食品はホタテソースといわしソースの限定ボトル、黒妞黒糖蒸しパンは限定ギフトボックス、典醤家、澎湖伯、澎福古棗味もそれぞれ関連コラボ商品を販売します。澎湖の黄金海岸を楽しく回りながら、各ブランドがデザインしたオリジナルパッケージの数量限定の土産品を手に入れることができます。

澎湖黄金海岸観光ルート「ウェーブ澎湖」の関連情報は、交通部観光局澎湖国家風景区管理処観光サイトのイベント情報をご覧ください。
Top