跳到主要內容

最新情報

喜びを告げる金の蛇、吉祥を迎えて踊る筆字-菊島では貴賓を迎え、創意溢れる春聯作製の祝賀イベントを開催します
102-01-10 資訊組 1666

 2013年の蛇年を迎え、澎湖では創意溢れる「春聯(縁起の良い対になった句を記した赤い紙)」を作製し、新しいスタイルの伝統芸術で暮らしを彩るイベントを開催します。行楽客の方はいつでも幸福感に浸ることができるでしょう。澎湖国家風景区管理処、澎湖県政府(県庁)旅遊処、澎湖県書法(書道)学会、澎坊股份有限公司(株式会社)、澎湖県眷村青年譜愛自強協進会などの機関により「金蛇報喜舞墨迎祥瑞─菊島迎賓‧創意春聯賀新春活動(喜びを告げる金の蛇、吉祥を迎える踊る筆字-貴賓を迎え、創意溢れる春聯作製すの祝賀イベント)」が開催されます。
当イベント内容の「迎春揮毫寫春聯、送春聯活動(春聯を揮毫し、配布するイベント)」は2013年1月19日(土曜日)午前9:00から12:00まで澎坊菊島新天地(澎湖観光産業推広センター)にて開催されます。イベント当日には書道の大家を多数招き、春聯を揮毫してもらいます。これを一般の方々に無料配布致します。
そのほか、イベント「創意春聯彩妝家園(創意溢れる春聯で家屋を彩る)」は2013年年2月2日(土曜日)午前9:00から12:00まで篤行新村にて開催されます。主催機関ではボランティアの方々や会員に呼びかけ、眷村(外省籍軍人やその家族が暮らしていた集合住宅)に創意溢れる春聯を貼ってもらいます。古いものを取り除き、新たな飾りを施します。春聯でお客様を迎えることは、澎湖人のもてなし好きでフレンドリーな気質をよく表現しています。また、文化的に奥深い旅の雰囲気と賑やかな情景を造り出し、澎湖観光の推進に一役買っています。

 

Top