漁翁島灯台

漁翁島灯台は元の名を「西嶼灯台」といい、澎湖列島西嶼郷外垵村漁翁島の西南端の高台に在ります。漁翁島は旧名を「西瀛」と言いましたが、16世紀にオランダ人によって「漁翁之島(漁師の島)」と呼ばれるようになりました。面積17.8380平方キロ、海抜52メートルで澎湖列島の三大島嶼の一つです。周囲の島よりも海抜が高いため、300年あまり前には台湾と福建、廈門間の航海における重要な指標となっていました。

漁翁島灯台は花崗岩台地にあり、底部の直径は約2.5メートル、高さは11メートルで、上の灯は地面から60.7メートルの高さにあります。。灯台の上端は下端よりやや細く、灯台上部と灯台本体の高さは約1対2という比率で建設されています。灯台内部には鉄製のらせん形階段があり、上部にはアーチ形の鋳鉄製ほやと風力計が設置されています。灯台の外側には地上6.3メートルのところに、鉄製円管の手すりで囲まれた作業台があります。

灯台の隣には石造りの洋館があり、内部は二階建てとなっています。屋根は緩やかな四面造りで、玄関の上には軒先が出張り、窓はフランス式です。ヨーロッパ風の建築スタイルとなっています。漁翁島灯台には汽笛のほか、清国時代中期に設けられた三つの鋳鉄砲台や火砲台も残されています。 

Google 地図

最終更新日:2017-09-25

Facebookユーザーのメッセージ

観光情報

  • 経緯度:
  • 119.468958, 23.562664
  • 電  話:
  • 886-6-9981766
  • 営業時間:
  • 1. シーズンの開放時間(4月1日から10月31日まで)09:00--18:00 2. 冬期間の開放時間(11月1日から3月31日まで)09:00--17:00 3. 月曜日は整理のため休館します。
旅のテーマ

関連情報